起業家のパートナー税理士・上田洋平氏

2014-11-28 11.43.23
上田洋平氏

「通勤電車でのタメ息を撲滅!八王子・立川で起業して自分らしく生きよう!」を合い言葉に、地域密着型の起業支援を専門とする八王子最年少の若手税理士(28歳)が誕生しました。

 8Beatパートナーの上田洋平氏です。
 上田氏は、公認会計士、社会保険労務士、ファイナンシャル・プランナーの資格も併せ持つ多彩な才能で、起業家の様々な悩みや問題をトータルにサポートします。
 そんな上田氏に、インタビューしてみました。

 

独立のきっかけ

 

— ご自身が独立・起業するきっかけとなったのは何ですか?
上田氏 公認会計士に合格して就職したのですが、自分の本当の仕事は何なのか、考えさられたんです。最初は新規事業推進メンバーとして事業計画の作成を任せられて、5億円の資金調達にも成功して、経営企画部の課長に昇進しました。ここまではよかったのですが、日本の企業では管理職の重要な仕事は、結局、社内調整なんですね。
— ありそうな話です。
上田氏 でも、僕が本当にしたい仕事はお客さんとダイレクトに触れ合うことなんです。しかも、これから大きな夢をもって自分のビジネスを立ち上げようとする起業家、そんな方々と一緒に成長してゆくこと、これが本当にしたい仕事なんだということに気がついて独立したわけです。
— 独立の具体的なきっかけはありましたか?
上田氏 ありました。実は管理職になっていろんなストレスが溜まってしまって、あるバーに入り浸っていたんです。そこの雇われ店長が起業の夢を持っていて、たまたま相談に乗ったんです。彼は自己資金不足で悩んでいました。そこで「創業融資制度」の話をしてあげたのですが、とても喜ばれたんですね。これだ、と思いました。自分のささやかな知識と経験が、起業を夢見ている人のお役に立てる。自分はこれで生きていくんだと思ったわけです。

 

起業支援・3つの柱

 

— なるほど。では、起業家の方々に対して、上田さんは具体的にどのようなサポートを行おうとされていますか?
上田氏 3つあります。第一に、事業のポジショニング作りの支援です。どんな事業も一定の独自性を持たなければビジネスモデルが成り立ちません。でも、その独自性がどこにあるのか、同業他社に対してどこに優位性があるのか、これは意外に自分では整理が難しいものです。ありがちなのが一種の思い込みです。これをどれくらい客観的に見なおすことができるか、この点をお手伝いします。
— 確かに、起業の情熱に燃えていると自分の事業を客観的に見るのが難しくなりますね。
上田氏 第二に、事業計画と開業スケジュールの作成支援です。事業計画の重要性については言うまでもありません。これが自分の事業の青写真になるだけでなく、銀行融資でも必ず要求されますからね。事業計画に沿って開業までのスケジュールを立てていくことになります。
— 事業計画を立てることが、自分の事業を冷静に見つめることになりますね。
上田氏 第三に、諸手続きの代行です。法人登記や税務、労務などの手続きは初めての起業家には非常にハードルが高いものです。起業家の方々が、そんなところで苦労するぐらいであれば、本来の事業に専念して頂きたい、ここでこそ私の役割があると思っています。

 

8Beatに期待すること

 

— 最後に、上田さんが、我々8Beatに期待していることは?
上田氏 何よりも人とのつながりだと思います。実を言うと、自分の事務所よりも8Beatの方がよっぽど仕事に集中できるのですが、こういった事務所機能だけでなく、それ以上に8Beatには八王子でのヒューマンネットワークの拡大を助けてもらいたいと思ってます。実際、少しづつですが、私のネットワークも広がりつつあります。これをもっともっとサポートしてもらいたい、と。
— ありがとうございました。ご期待に添えるように、我々8Beatのスタッフも頑張ります。

 

*上田洋平税理士事務所 http://ueda-zeirishi.com/
東京都八王子市の上田洋平税理士事務所_│_無料相談実施中
 我々は、8Beatパートナーの上田氏を全力で応援します。
 皆様、どうか、よろしくお願い致します。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL