8Beatを1年運営して

コワーキングスペース八王子8Beatは、11月1日に開店1周年を迎えました。地域にもかなり名前が浸透し、毎日のように新しい方が見えます。おかげさまで経営も順調に・・・と続けたいところですが、率直に言って、まだ赤字体質から抜け出せていません。

地域からご来店くださる方をリピートさせ、またドロップインから会員へと誘導していくのが基本ではありますが、なかなか思ったようにはいかないものです。

近頃は会員さんとゲスト(ドロップイン)の方々でかなり賑わっている(ように見える)日も多いものの、会費+ドロップイン売上で、家賃・光熱費・人件費・フリードリンク代、そして借金の返済を賄うプライマリーなバランスがいまだ構築できていません。月々の赤字幅は小さくなってきていますが、まだまだ努力が必要な状況です。

開店前の予測と比べると、実は月額会員数は目標以上になっています。でも、ドロップイン収入の見積もりが甘かったようです。とは言っても、いかに知名度を上げる努力を(現在のFBを中心とした宣伝を中心に)しても、ドロップインを急激に増やすのは難しいようです。ということで、現在は、月額会員(の獲得)を重視することにし、その数を年内にあと10名は増やしたいということで頑張っています。あと1ヶ月を切っているので、これもかなり高い目標ですが。

いま会員になってくれている人は、8Beatを拠点に起業を目指している人ももちろんいますが、多くはフリーランスや、在宅勤務の人で、カフェや自宅よりは環境が良いという人たちだと思います。そういう方はドロップイン料金との兼ね合いで会員を選んでいますし、会員になったものの辞めてしまう人もいます。(正直なところ、ドロップイン料金の設定を間違えたかなと感じることもあります。)

しかしそもそも、コワーキングスペースというのはカフェの代わりであって良しとするものではないでしょう。ここに来合わせる人たちが何らかの交流をする、また、イベントなどを通じて運営側と会員との間でも交流が行なわれる、なによりそこに会員が満足感や、さらには利益を得られる、そういう場としての魅力を発揮できてこそのコワーキングスペースであろうと思いますし、単なるカフェの代わりの場所代ということを超えて、月額会費を対価として払えるなにがしかの価値が生じてくると思います。

そういう観点で、最近はいまさらながらですが、8Beatとして「売り」にできる「コンテンツ」を蓄積していくことに重心を置いています。活動自体は地味で小さくても継続させることが重要と考えています。「部活」と称して、コツコツとコミュニティ活動を構築してきています。「美術部」、「CoderDojo八王子」、「WordPressもくもく会」、「Code for Hachioji」、「ジャス研(ジャスティス君のおもしろサークル)」と言った活動が定着し継続してきています。また8Beatの資産として重要なものに3Dプリンタがあり、これをネタとした活動ができないものかと考えています。(すでに3D HUBSに登録したりしていますが。)

私、代表の小柳がFBに日記として毎日書いている(こちらにもBlogとして掲載している)「減量日記」も、実は重要なコンテンツづくりです。「公開書簡日記ダイエット」の有効性(レコーディング・ダイエットをより効果的に行なえる)を実証することにより、これをカウンセリング・ビジネスとして体系化して、8Beatの会員サービスとして展開したいと考えています。ここから派生している「百名山プロジェクト」もそうです。本格アルピニストを指導者とする登山教室をイベント化したり、それへの優待参加権を会員募集のネタにしようと考えています。

実際、これからは「実際に8Beatに来て作業する会員」が増えすぎてしまうと現状のスペースでは不足してしまうと予想されるので(捕らぬ狸のなんとやら、ですが)、スペースに制約されない会員が募集できるネタの作成は必須ではないかと思っています。

ともあれこれまでの1年は試行錯誤の1年でした。2016年ですべてが決まります。皆様の変わらないご支援をお願いいたします。

明日は、ピクセルデザインの松尾さんです。

20151107mokumoku2

(WordPressもくもく会のようす)